中国株商材

小金持ちのための中国IPO

もし、IPOを簡単にゲットすることができたら、どのような事が起きるか想像できますか?

初回限定価格での販売は100部のみとなります。
100部売れた時点で値上げとなりますのでご注意ください。




過去の日本のIPO(新規公開株)を知っている方は思い出してみてください。
過去のIPO(新規公開株)では、初値が3倍〜5倍に
高騰する銘柄も珍しくありませんでした。
しかし、昨年辺りから日本のIPOは、
以前のように初値が高騰しなくなりました。
これは、企業実績を過大評価してIPO(新規公開株)の人気が
一人歩きした結果このような現状もたらしています。
だからと言って日本のIPO(新規公開株)が
儲からないわけではありません。
着実に戦略を立てて実践すれば
日本のIPO(新規公開株)もまだまだ儲かります。
今後中国では、過去の日本のIPO(新規公開株)と
同じ現象が起こると言われております。
現在、中国では株式ブームが巻き起こっています。
今年(2007年)の1月だけで130万件の口座開設の
申し込みがあったそうです。
上海などの証券会社では、連日中国人が株について熱く語り
盛んに取引をしています。
そして、IPO(新規公開株)が実施される時は、
証券会社にはIPO(新規公開株)を求めた中国人が長蛇の列を作り
IPO(新規公開株)の申し込みを行っているのです。
しかし、中国人の一般の大卒の初任給は1,000元程度です。
日本円にすると1万5千円程度です。
ですから投資できる資金は余り多くはありません。
外国人である私たちは、為替の価値の違いを利用することにより
多くのIPO(新規公開株)を手にすることができるのです。
日本でこのことに気が付いている人はごくわずかな状態です。
今、始める事ができれば先行者利益を独り占めすることができます。

小金持ちのための中国IPO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。