中国株商材

【365日間返金保証付き】中国株で資産10倍計画!1億円儲けた中国株投資法

中国株で1億円儲けた秘訣をすべて教えるとしたら、知りたいと思いませんか?


「中国株で資産を築く!」といったとき私の友人はバカにして笑っていました。しかし、その後、私の手元には・・・・・

“もし、あなたが誰にも口外しないと約束できるのであれば、99.94%の人は決して気付かないダントツに稼げる中国株投資法を貴方に公開するのですが

【365日間返金保証付き】中国株で資産10倍計画!1億円儲けた中国株投資法

中国株商材

中国株で6800万円儲けた普通のサラリーマンが伝授する投資で幸せなお金持ちになる秘訣

中国株で6800万円儲けた普通のサラリーマンがお金の心配から解放され、心豊かになる方法を教えます!

2006年9月末から3ヶ月間で私の中国株の利益が2700万円以上も増えました。 中国では証券会社に黒山の人だかりができているそうです。 儲けている人が増えてくるとマスコミが煽って、また中国株ブームが来るかもしれません。 儲けるためにはブームが来る前にはじめるのがコツです。興味のある方は早く投資を始めて下さい。 まずは特別レポート購入者の喜びの声を聞いて下さい。
Kさん株の売り買いにおける要点をおさえた、初心者にも分かりやすい内容、投資に対する見方、コロ様の構想、とてもすばらしいレポートです!

今回特別レポートを作成して頂いたコロ様には心から感謝しております!

自分の力で生きて行かなければならない人生の中で、投資は必ず心強い味方になってくれるであろう選択肢のひとつだと思いました。

価値のある情報を安値でご提供して頂き、誠に有難う御座いました。

Lさん

大変参考になりました。特に役に立ったのは●●●の話でした。なるほどと思いました。

私は今まで、為替をやっていましたので為替の売買タイミングと似てるなと思いました。(中略)

株も同じなんだと思いました。

また、特別レポートを読んで中国株を買わなければならない理由をわかるようになった気がします。

最後に、私も自分の●●●を研究しようと思っております。

Nさん

特別レポート、興味深く読ませて頂きました。とても共感する部分が多かったです。とくに中国株の保有銘柄については共通していて驚きました。銘柄数は多くあるのに。

koro さんの銘柄選択は、保有銘柄から見て、極めて的確です。ペトロチャイナの1ドル台でバフェットより早いのは驚異的です。

これを機会に、今後ともぜひよろしくお願いできれば幸いです。

Tさん

特別レポート早速読ませていただきました。コロさんの中国株投資に対する考え方や姿勢に共感できるところが多く、さらに具体的な投資ノウハウが示されているので非常に参考になりました。

e-bookなるものを購入するのは初めてだったので、正直半信半疑での購入でしたが、満足のいく内容でした。

それでは今後とも宜しくお願いいたします。

今までの私の人生を振り返った時、私は、株と出会ったことで人生が変わりました。

なぜなら、収入を得るという点では「給料」以外に「株」「情報」等と収入の幅が広がったからです。

収入の幅が広がったことによって会社だけに依存しない生き方ができるようになると、精神的に楽になりました。

よく言われることですが、「会社」だけに依存していると、万が一、会社が倒産したり、会社からリストラされると他に収入を得る方法を見つけなければ、家族が路頭に迷うことになります。

そうは言っても、実際には会社だけに依存している人がほとんどではないかと思います。

収入の道が一つよりも複数ある方が安定した生活を送ることができると思いませんか?

その方が精神的にも楽だと思いませんか?

では、私と一緒に勉強をしていきましょう。

あなたにはこれから仕事や収入のことで心配することはなくなります。

さあ、急いで下さい。投資の勉強を始めますよ。


中国株で6800万円儲けた普通のサラリーマンが伝授する投資で幸せなお金持ちになる秘訣

中国株商材

小金持ちのための中国IPO

もし、IPOを簡単にゲットすることができたら、どのような事が起きるか想像できますか?

初回限定価格での販売は100部のみとなります。
100部売れた時点で値上げとなりますのでご注意ください。




過去の日本のIPO(新規公開株)を知っている方は思い出してみてください。
過去のIPO(新規公開株)では、初値が3倍〜5倍に
高騰する銘柄も珍しくありませんでした。
しかし、昨年辺りから日本のIPOは、
以前のように初値が高騰しなくなりました。
これは、企業実績を過大評価してIPO(新規公開株)の人気が
一人歩きした結果このような現状もたらしています。
だからと言って日本のIPO(新規公開株)が
儲からないわけではありません。
着実に戦略を立てて実践すれば
日本のIPO(新規公開株)もまだまだ儲かります。
今後中国では、過去の日本のIPO(新規公開株)と
同じ現象が起こると言われております。
現在、中国では株式ブームが巻き起こっています。
今年(2007年)の1月だけで130万件の口座開設の
申し込みがあったそうです。
上海などの証券会社では、連日中国人が株について熱く語り
盛んに取引をしています。
そして、IPO(新規公開株)が実施される時は、
証券会社にはIPO(新規公開株)を求めた中国人が長蛇の列を作り
IPO(新規公開株)の申し込みを行っているのです。
しかし、中国人の一般の大卒の初任給は1,000元程度です。
日本円にすると1万5千円程度です。
ですから投資できる資金は余り多くはありません。
外国人である私たちは、為替の価値の違いを利用することにより
多くのIPO(新規公開株)を手にすることができるのです。
日本でこのことに気が付いている人はごくわずかな状態です。
今、始める事ができれば先行者利益を独り占めすることができます。

小金持ちのための中国IPO

中国株ニュース

4月11日の中国本土市場

A株が買われたのに対し、B株はさえない展開。上海市場では、A株指数が1.49%高の3674.37ポイント。B株指数が0.73%安の188.01ポイント。A株とB株全体の動きを反映する上海総合指数は1.48%高の3495.22ポイントとなった。深セン市場では、A株指数が1.11%高の971.39ポイント、B株指数は0.71%安の543.26ポイントだった。

 上海総合指数は8日続伸、引き続き終値ベースで過去最高値を更新した。A株市場では、金融、素材、石油・化学、貿易関連などを中心に買いが膨らんだ。上海、深センのA株指数はいずれも8日連続で終値ベースで過去最高値を更新して引けた。
 
 財政部、国税総局によると、鉄鋼製品の輸出に伴う増値税(付加価値税)の還付率を今月15日から引き下げる予定。これを背景に鉄鋼セクターは本日、寄り後に大きな買いが入ったものの、売り圧力が強くなり、後場は軟調な展開となった。輸出増値税の還付率の引き下げについては、短期的に鉄鋼製品の輸出、国内販売価格などにマイナス影響を与える可能性があるものの、長期的には業界への影響が軽微と、業界関係者は予想している。

 B株市場は、地合いが軟化した。上海、深センのB株指数はいずれも反落。ただ、連日の上昇に対する高値警戒感から利益確定売りが優勢となった一方、一部の優良銘柄は買われた。

 上海B株市場では、大幅増益を予告している上海機電(900925)が、業績への期待感から大きく買われ上昇率1位の5.72%高。また、9日から売買停止となっている上海振華港口機械(900947)は、32.71%増益の2006年12月本決算を発表した。

 個別では、7.02%増益の2006年12月本決算を発表した上海錦江国際実業投資(900914)は0.50%高。また、同社は本日、国泰君安証券股フン有限公司と国泰君安投資管理股フン有限公司の株主割当増資に参加し、2社の新株を追加取得すると発表した。そのほか、東方通信(900941)は1.92%高と反発。一方、上海三毛企業(900922)は3.29%安。

 深センB株市場では、優良銘柄の万科企業(200002)と張裕葡萄酒(200869)はそれぞれ3.64%高、0.97%高。一方、中国国際コンテナ(200039)は1.78%安となった。

 個別では、深セン市にある不動産の所有権をめぐる深セン美糸繊維有限公司とのトラブルで、広東省高級人民法院(高等裁判所)に上訴を却下された深セン物業発展(200011)は2.00%安。また、2006年12月本決算で赤字転落となった深セン国際企業(200056)は5.53%安となった。

中国国際コンテナ保有

200039 中国国際コンテナ 株価速報4/3

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 17.850
前日比 +0.420
騰落率 +2.41%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国国際コンテナ保有

200039 中国国際コンテナ 株価速報3/22

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 16.900
前日比 -0.090
騰落率 -0.53%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報3/16

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 16.420
前日比 +0.160
騰落率 +0.98%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報3/12

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 16.900
前日比 +0.170
騰落率 +1.02%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国株商材

尻馬流!中国株最新レーティング情報収集法

中国株マイナー成長銘柄はここで見つける!

中国株投資に限らず、外国株への投資で大きな損を出さない、また大きな利益を上げる為には、情報収集が一番大切であると思われます。 遠い外国の企業に、ご自身の大切な資金を投資するわけですから、慎重に投資を行いたいですよね。

マネー雑誌などで紹介されている銘柄をすぐ購入するのではなく、現地のアナリストがどのように評価されているのか知ってから投資をしても遅くはないと思います。

日本の色々なサイト(当尻馬ブログを含む)でも中国株のレーティング情報を見る事ができますが、全部の情報を網羅している訳ではございません。 日本のサイトや雑誌で紹介されていないような小型成長株の情報は現地サイトに掲載されている場合が非常に多いです。

そこで、当商品では、中国株(香港市場上場企業)に対する、現地証券会社などのレーティング情報を素早く、無料で入手できる方法をお伝えしております。

中国株投資で成功する為には、面倒臭いかもしれませんが、一日に少しだけでも現地情報をチェックして頂き、中国株投資で大きな利益を上げて頂きたいと心より願っております。

※当商品はPDFファイルをダウンロードする方法をとっておりますので、返品はお受け出来ませんので、ご了承お願い致します。

尻馬流!中国株最新レーティング情報収集法

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報2/14

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 18.570
前日比 +0.330
騰落率 +1.81%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国株ニュース

大引け:主要3指数が続伸、上海総合は3日連続で最高値更新

23日の中国株式市場は深センB株指数を除く主要3指数が続伸。上海B株指数は前日比0.28%高の180.12ポイント。深センB株指数は1.12%安の521.20ポイントで取引を終えた。上海A株指数は0.55%高の3097.57ポイント、深センA株指数は0.33%高の728.19ポイント。

 上海市場では、主要指数の上海総合指数が3日続伸。前日比0.54%高の2949.14ポイントと、3営業日連続で過去最高値を更新して引けた。前場は高値警戒感から売りが優勢になったものの、後場に入ると銀行株を中心に買いが集まり、結局プラス圏に戻してこの日の取引を終えた。銀行、鉄鋼銘柄が買われた半面、通信関連銘柄が売られた。

 両市場の売買代金は1625億1800万元。上海市場の値上がり銘柄数は380、値下がり銘柄は476。深セン市場の値上がり銘柄数は273、値下がり銘柄は326。

 A株市場では、銀行銘柄がそろって堅調。招商銀行(600036)が7.30%高となったほか、中国工商銀行(601398)、中国銀行(601988)も値を上げ、相場の上昇を主導した。このほか、業界再編への期待感から宝山鋼鉄(600019)、武漢鋼鉄(600005)など鉄鋼銘柄が急伸。一方、3G移動通信事業ライセンスの年内発給が難しくなったとの市場観測を受けて、大唐電信(600198)など通信関連銘柄が軒並み安となった。

 上海B株市場では、上海海欣集団(900917)がストップ高を付けた。このほか、海南航空(900945)が続伸。同社はきょう、2006年本決算で黒字転換する見通しを発表している。一方、金山開発建設(900916)が3.11%安となったほか、上海陽晨投資(900935)なども安い。

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報1/19

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 19.100
前日比 +1.110
騰落率 +6.17%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報1/12

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 17.200
前日比 +0.110
騰落率 +0.64%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国株ニュース

01月11日の中国本土市場

上海市場では、A株指数が2.03%安の2,912.01ポイント、B株指数は7.19%高の152.68ポイント、A株とB株全体の動きを反映する上海総合指数は1.96%安の2,770.11ポイントとなった。深セン市場では、A株指数が0.07%高の633.05ポイント、B株指数は3.91%高の479.74ポイントだった。

 上海総合指数は4営業日ぶりの反落となった。寄り付きは低く始まったものの、前引けにかけて次第に上昇し、プラス圏を回復。一時は前日終値を約15ポイント上回った。しかし、後場はじりじり下落する軟調な推移となりマイナス圏で大引け。時価総額の大きい中国石油化工(600028)が5.99%安と大幅続落となり、指数の足を大きく引っ張った。今週火曜日、A株上場後2日続伸していた中国人寿保険(601628)も2.97%安と反落。

 海関(税関)総署の最新統計によると、中国の2006年貿易黒字は1,774億7,000万米ドルに上り過去最高となった。また、中国人民銀行(中央銀行)副総裁は過剰流動性の解消と米中金利差の維持を目的とした金融引き締めについてコメント。金融引締めについてのコメントが立て続けに出されたため、市場は敏感に反応。連日の大幅な上昇で、利益確定売りの圧力も強く、A株指数は大幅下落となった模様だ。

 前日の相場を牽引していた鉄鋼株も宝山鋼鉄(600019)が2.29%安、鞍鋼(000898)が1.08%安、馬鞍山鋼鉄(600808)が4.61%安と総じて軟調。中国長江電力(600900)は3.78%安。銀行株も全面安。中国銀行(601988)、中国工商銀行(601398)、招商銀行(600036)はそれぞれ3%以上下げている。民生銀行(600016)は4.03%安。

 一方、商品先物市場で原油価格が3日続落したことを追い風に、中国国際航空(601111)、海南航空(600221)などは大きく買われた。人民元高も支援材料になった模様。基本的に1米ドルは7.8香港ドルにペッグされているが、人民元基準値が1米ドル=7.7977元と本日初めて1米ドル=7.8元を突破。人民元が香港ドルの通貨価値を上回った。

 B株は、「春節以降、B株改革が正式に行われる」という現地マスコミによる報道が引き金となり上海市場、深セン市場とも急騰銘柄が続出。上海B株は前場、全銘柄ストップ高をつけた。ただし、中国証券監督管理委員会(CSRC)の新聞処処長はこの報道を否定している。

 深センB株も、同様だが上海B株より上昇率が少ない。後場から売られた万科企業(200002)は0.67%安と小幅安で大引け。そのほか優良銘柄の張裕葡萄酒(200869)、中国国際コンテナ(200039)もそれぞれ1.64%高、2.46%高と上昇率が抑えられた。

中国株商材

中国株で資産を2倍にする方法

毎年ある決まった日にある銘柄を購入することにより3日〜1ヶ月で資産を2倍にする方法を知ってください

昔から使われている株式投資法に、あることをプラスするとことによって投資金額を2倍にすることが可能です。

中国株で資産を2倍にする方法

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報1/5

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 16.190
前日比 -0.580
騰落率 -3.46%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報12/28

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 15.830
前日比 -0.140
騰落率 -0.88%


⇒詳細はこちらのチャートから

中国株ニュース

12月27日の中国本土市場

上海市場では、A株指数が2.29%高の2,667.93ポイント、B株指数は前日比1.55%高の129.07ポイント、A株とB株全体の動きを反映する上海総合指数は前日比2.28%高の2,536.39ポイントとなった。深セン市場では、A株指数が1.04%高の564.36ポイント、B株指数は1.75%高の429.83ポイントだった。

 上海総合指数は大幅続伸。3日続けて史上最高値を更新した。寄り付きは前日を下回る水準となったが、もみ合いながら上昇しプラス圏で前場を終了。後場も上昇基調を維持し、初めて終値ベースで2,500ポイントを突破して大引けとなった。銀行、鉄鋼、石油、電力、通信などの大型株が幅広く物色され相場を牽引した。

 銀行株は中国民生銀行股フン有限公司(600016)、招商銀行(600036)など、前日売りにおされていた銘柄中心に買いが入った。前日急騰していた中国工商銀行(601398)、中国銀行(601988)は前場軟調だったものの後場から回復。時価総額の大きい宝山鋼鉄股フン有限公司(600019)や中国長江電力股フン有限公司(600900)なども好調。中国聨合通信股フン有限公司(600050)は9.98%高と目立った。

 「中国証券報」によると、中国証券監督管理委員会(CSRC)の尚福林・主席が、昨日開かれた中国金融フォーラムの席上で、「現在中国の資本市場は大きな変化の段階にある」と述べたと報じられた。さらに尚・主席は、今年の株式市場が好調だった主な理由を「非流通株の改革が評価された結果だ」とした後、引き続き本土市場の活性化のために来年も努力すると強調。海外上場企業のA株上場や、ベンチャー企業の上場推進、市場規模の拡大などを例としてあげたという。

 上海B株では、下落は4銘柄のみ。前日A株急騰に連れ高した上海耀華ピルキントン(900918)、上海鳳凰自転車(900916)は下落。上海華源(900940)は大幅続伸。同社は本日、非流通株改革に伴うA、B株株主への無償増資の対価引き上げを発表している。このほか、上海ディーゼルエンジン(900920)、上海永久自転車(900915)なども高い。

 深センB株では、10銘柄が下落。先週末から好調の中国南玻集団(200012)は5.29%高と4日続伸となった。第三者割当増資を実施した万科企業(200002)、招商局地産控股(200024)などの主力不動産株も堅調。優良銘柄の張裕葡萄酒(200869)、中国国際コンテナ(200039)、深セン赤湾港航(200022)も上昇した。深セン中冠紡織印染(200018)、深セン深宝実業(200019)は安い。

中国株ニュース

12月26日の中国本土市場

上海市場では、A株指数が1.82%高の2,608.19ポイント、B株指数は前日比0.25%高の127.10ポイント、A株とB株全体の動きを反映する上海総合指数は前日比1.81%高の2,479.73ポイントとなった。深セン市場では、A株指数が0.70%安の558.53ポイント、B株指数は0.17%安の422.43ポイントだった。

 上海総合指数は続伸。連日の史上最高値更新となった。前日の流れを受け小幅高で寄り付いた後、銀行、鉄鋼、石油などの大型株主導でじりじりと上昇し、前場は一時2,500ポイントを突破。後場は高値警戒感からか、中国民生銀行股フン有限公司(600016)、招商銀行(600036)など上昇していた銀行株の一部に利益確定売りが出るなど、相場の地合いが軟化する場面もあったが、結局プラス圏での大引けとなった。

 本日も、企業所得税(法人税)の税率一本化の恩恵を最も受けやすいとされる銘柄を中心に物色された。前日、ストップ高をつけた中国工商銀行(601398)は5.76%続伸。25日時点で、同行の時価総額は2142億米ドルに達し、シティグループ、バンク・オブ・アメリカに次いで世界3位の規模となっている。そのほか時価総額の大きい中国銀行(601988)、中国石油化工(600028)なども買われ指数の上昇を牽引した。

 中国人寿保険(2628)のA株上場に向けてのIPO(新規公開)の申し込み受付が始まり、凍結資金は8,000億元に上ると伝えられた。このような中で上昇を見せるのはマーケットに豊富な資金が流入している現れ、との見方がでている。一方、限られた大型株のみ物色され、個別には下落する銘柄が目立ってきたことについて、投資家の警戒心が高まってきた、との見方もでている。

 上海B株では、A株が急騰した上海耀華ピルキントン(900918)、上海鳳凰自転車(900916)、上海九竜山(900955)が連れ高となり大きく上昇。先日、非流通株の流通化に向けた改革の実施を表明した*ST天津海運(900938)や、連帯弁済責任問題の解決を発表した*ST上海聯華合成繊維(900913)などのST銘柄も好調。不動産は上海金橋輸出加工区開発(900911)、上海陸家嘴金融貿易区開発(900932)が上昇した一方、上海外高橋保税区開発(900912)、江蘇新城不動産(900950)が下落。

 深センB株では、自動車株の長安汽車(200625)、江鈴自動車(200550)が強い。先週末、A株に連れ高し急伸した中国南玻集団(200012)は3日続伸となった。前日、第三者割当増資を発表した万科企業(200002)、招商局地産控股(200024)などの主力不動産株は堅調。内需優良株は張裕葡萄酒(200869)が上昇した一方、中国国際コンテナ(200039)、深セン赤湾港航(200022)は売られている。

中国国際コンテナ・ニュース

200039 中国国際コンテナ 株価速報12/22

200039 中国国際コンテナ 株価速報

現在値 15.700
前日比 -0.510
騰落率 -3.15%


⇒詳細はこちらのチャートから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。